食育サポーターのおすすめパルレシピ

2023年07月31日
冷や汁

材 料(4人分)

  • さば水煮缶(またはツナ缶)…1缶
  • 『産直大豆のもめん豆腐』…1/2パック(好みで増減可)
  • きゅうり(中)…1本
  • みょうが…4個
  • 大葉…10枚
  • ねぎ…適量
  • しょうが…1片
  • 水…400ml(氷を入れるときは減らす)
  • ★【みそ…大さじ3強、『花見糖』…小さじ1、すりごま…大さじ4〜5、『素材がいきる白だし』…大さじ2、『便利つゆ』…大さじ2】

作 り 方

  • 豆腐はキッチンペーパーに包んで軽く水けをしぼっておく。
  • きゅうりは薄い小口切り、みょうがは薄い輪切り、大葉は千切り、ねぎは小口切り、しょうがはすりおろす。
  • 大きめのボウルにさば水煮缶を汁ごと入れ、身は適当にほぐしておく。
  • 水を200ml入れた容器に★の調味料を入れ、みそが溶けるまで混ぜたら、残りの水とのボウルへ入れ、も加えて混ぜる。
  • の豆腐を手でちぎってに加える。塩気が足りないようなら、塩少々を加えて調整する。
  • ごはんにかけたり、麺類のつけ汁として添える。
食育サポーターアドバイス

みそにより塩分が異なるので、白だしや便利つゆの量で加減します。氷を入れ冷たくする場合には、水の量を50~100ml減らしてください。
(食育サポーター 天野 洋子さん)

2023年06月05日
そらまめとしらすのアヒージョ

材 料(4人分)

  • しらす…50g
  • そらまめ…16粒
  • マッシュルーム…100g
  • にんにく…1片
  • 赤唐辛子…1本(好みで増減可)
  • アンチョビフィレ…4枚(なくても可。ない場合、塩を小さじ1/2にする)
  • オリーブオイル…150ml
  • 『海はいのち(長崎県産海水塩)』…少々
  • お好みのパン…適宜

作 り 方

  • そらまめはさやから取り出して薄皮をむいておく。マッシュルームは石づきを取り、半分に切る。にんにくはみじん切りにする。アンチョビは包丁できざんでおく。
  • 小さめのフライパンかスキレット鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくと赤唐辛子を入れて弱火にかける。
  • 油が煮え立ってきたら、マッシュルーム、アンチョビ、塩とそらまめを入れて、アルミホイルをかぶせて3分ほど時々かき混ぜながら煮る。
    ※ふたはしない。密閉性が高いので結露が油に滴下すると危ない。
  • しらすを加え、鍋の中のオイルをスプーンでしらすにまんべんなくかけて、ひと煮立ちしたら火から下ろす。付け合わせに、パンを添える。
食育サポーターアドバイス

そらまめをブロッコリーに変えてもOK! 残ったオイルは好みの具材を入れてパスタに使えます。
(食育サポーター 水谷 さとみさん)

2023年05月01日
鯵のさんが焼き

材 料(4人分)

  • あじフィーレ…4尾分
  • ねぎ…1/2本
  • 大葉…8枚
  • みそ…大さじ1
  • みょうが…1個
  • おろししょうが…小さじ2
  • 『圧搾一番しぼり菜種油』…大さじ1

作 り 方

  • ねぎ、みょうがをみじん切りにする。あじを細切りにし、刻み叩いていく。
  • のあじにねぎ、みょうが、おろししょうが、みそを加え、さらに叩き混ぜる。
  • を8等分にし、円盤形に整え大葉で包む。
  • フライパンを熱し、油をひき中火で焼く。両面に焼き色がつき、中まで火が通ったらでき上がり。
食育サポーターアドバイス

漁師料理「なめろう」を焼いた一品。香味野菜もたくさん摂れて栄養満点です。
(食育サポーター 杉山 真希さん)

おすすめの一品!

『圧搾一番しぼり菜種油』

1250g、600g、180g
産直産地オーストラリア、カンガルー島産の非遺伝子組換え菜種を圧搾したキャノーラサラダ油。揚げ物もカラリとあがります。

TOP