食育サポーターのおすすめパルレシピ

2022年01月04日
鶏肉の黒酢あんかけ

材 料(4人分)

  • 『産直鶏皮なしムネ肉唐揚げ用(バラ凍結)』…1パック(320g)
  • 長芋…200g
  • お好みのピーマン…各1/2個
  • しめじ…1/2パック
  • 酒…大さじ1
  • 塩…適量
  • 片栗粉…適量
  • 油…適量
  • ★【黒酢…大さじ3、砂糖…大さじ3、しょうゆ…大さじ1、みりん…大さじ1、片栗粉…小さじ2、水…100ml】

作 り 方

  • ムネ肉はあらかじめ解凍しておき、食べやすい大きさに切り、キッチンペーパーで水けをしっかりふき取る。酒と塩をまぶしたあと、片栗粉を薄くまぶす。
  • フライパンに油を熱し、のムネ肉を入れ、弱めの中火でじっくり両面を焼く。焼けたら皿にあげておく。
  • キッチンペーパーでフライパンの油をふき取ったあと、再度油を入れて熱し、食べやすい大きさに切った長芋、ピーマン、しめじの順で炒める。
  • 小鍋に★の材料を入れ、かき混ぜながら弱火にかけて、黒酢あんを作る。
  • のムネ肉との野菜を盛りつけ、の黒酢あんをかけてでき上がり。
食育サポーターアドバイス

お好きな野菜を増やし、たっぷり野菜の黒酢あんかけにしてもOK。ムネ肉のほかに、鮭、鱈、メカジキ、豚肉でもおいしいです。
(食育サポーター 中島 園子さん)

2021年11月01日
焼ききのこと甘栗の
鍋炊きご飯

材 料(4人分)

  • 米…3合(研いで60分浸水させておく)
  • しいたけ…4〜5枚
  • しめじ…1パック
  • まいたけ…1パック
  • 鶏モモ肉…120g
  • 甘栗(割れ栗でも可)…100g
  • みつば…適宜(なくても可)
  • 調味料〔『素材がいきる白だし』…45ml、水…450ml、みりん…大さじ1、しょうゆ…大さじ1、酒…大さじ2〕

作 り 方

  • きのこは石づきを取り、しいたけは5mm幅にスライス、しめじとまいたけはひと口大にさいておく。
  • のきのこをアルミホイルを敷いたグリルの網の上で、7~8分軽く焦げ目がつくくらいまで焼く。
  • 鶏肉は1cm角に切る。
  • 浸水した米をざるにあけ、水けをきる。鍋に水と調味料を入れ、鶏肉と焼いたきのこ、甘栗をのせて火にかける。沸くまでは中火、沸騰してからは弱火で15分ほど炊き、火を止めて15分ほど蒸らす。
  • 蒸らし終わったら、さっくりと混ぜてみつばを添える。
食育サポーターアドバイス

栗は剥くのが手間ですが、甘栗を使えば簡単!鍋で炊くとそのままテーブルに出せて食卓が華やぎますが、炊飯器でも同じ分量で作れます。きのこは焼くと水分がとび、うまみが増します。
(食育サポーター 水谷 さとみさん)

2021年11月01日
ささみのジェノベーゼソース和え

材 料(4人分)

  • ささみ…中4本(200g)
  • 『産直バジルのジェノベーゼソース』…小さじ2
  • マヨネーズ…大さじ2
  • 付け合わせ野菜…適宜

作 り 方

  • ささみをゆで、細かく裂く。
  • ジェノベーゼソースとマヨネーズを混ぜたソースでをあえる。
  • に付け合わせ野菜を添えて、器に盛りつける。
食育サポーターアドバイス

ジェノベーゼソースにマヨネーズを加えると、おしゃれでおいしいソースになります。
(食育サポーター 花泉 ゆみさん)

おすすめの一品!

『産直バジルのジェノベーゼソース』

70g×3 581円(税込)
兵庫県産の産直朝摘みバジルを使用したくせのない味わい。パスタ、前菜、サラダ、肉や魚料理を彩りあざやかに仕上げます。

TOP