埼玉産直協議会『農・彩・土』(のうさいど)

埼玉産直協議会『農・彩・土』は、交流を通じて地産地消をすすめ、県内農業と環境を守ることを目的に2011年に設立されました。協議会の活動は、産地や生産者との交流、地場の商品を使用した料理教室、産直商品の開発など多岐にわたります。現在、県内の産直産地「沃土会」と「南埼玉産直ネットワーク」、パルシステム埼玉、パルシステム連合会が正会員として参加するほか、19の団体・個人が賛助会員として参加しています。(2024年5月23日現在)





南埼玉産直ネットワーク(岩槻区)での田んぼ交流
沃土会(深谷市)での収穫祭
TOP