テーマ活動

広めよう!!パルの商品

2019年5月28日 「おいしいだけじゃないパルのPBジャム」を開催
 5月23日(木)、「広めよう!! パルの商品」テーマグループは、デイリーフーズ東京販売株式会社の光丸様と保坂様を講師に招き、「おいしいだけじゃないパルのPBジャム」を開催しました。

 いまや食卓に欠かせないジャム製品。人気のPB商品『いちごジャム(プレザーブ)』をはじめとした、デイリーフーズ(株)のジャムづくりへのこだわりやアレンジレシピについて学びました。

 PBジャムシリーズの商品名に多くついている「プレザーブ」とは、果肉の形が残っている状態のことです。その名の通り、生の果実のようなさわやかな風味と食感を味わえるのが特徴です。年間を通しておいしいジャムを届けるための徹底した原料へのこだわりや、独自の超短時間加熱方法「DFCジュール製法®」について保坂さんから教えていただきました。


フルーツジャムだけでなく、
『とまとまと(果肉入りトマトソース)』への
こだわりも伺いました。

 続いて光丸さんより、30年以上前からこだわり続けている商品開発の歴史と、アレンジレシピを紹介いただきました。
真空詰めされている“ふた”について、中心を爪やペンなど軽くたたいたときの音で開封状態がわかるというお話に、参加者は驚きの様子でした。


ふたが開いて空気が入ると音が鈍くなり、
中心を押すとペコペコします。

光丸さん
「果肉のゴロっと感がわかるよう、
透明なラベルになりました」

 試食会では、説明いただいた内容を思い出しながら、フレッシュ感のあるジャムの香りや食感に舌鼓を打ちました。

最後にテーマグループの井口さんより、6月から始まるパルシステムの環境キャンペーンの説明があり、ジャムなどの空き瓶の回収協力を参加者に呼びかけました。

リユースびんの回収一覧は下のページよりご覧いただけます。ぜひ回収にご協力ください。
「リユース・リサイクル 対象の戻し方」