テーマ活動

農業・食育委員会だより

2019年2月18日「浜の母さん料理教室」を開催
 2月8日(金)、ぱる★てらすで、北海道の野付漁協女性部を迎え、毎年大人気の「浜の母さん料理教室」を開催しました。

野付漁協の植樹活動
 まず、野付漁協における植樹活動や交流活動の取り組みについて映像を交えながら学習会を行いました。
 北海道の東の端にある野付郡別海町は、酪農と漁業の盛んな町で、東京23区の2倍以上の面積に約1万5千人が住み、11万頭の牛が飼われているそうです。  
 
 うまみたっぷりのほたてや秋鮭がとれる野付の海。『コア・フード野付のほたて』や『北海道野付のいくらしょうゆ漬け』などの産地である野付漁協では、鮭の稚魚やほたての稚貝を放流し、自然に育つのを待って4年周期で漁獲する「資源管理型漁業」を行なっています。
 また、豊かな海は森を育むことからと、1988年より「森と川と海はひとつ」を合言葉に女性部が中心となって植樹活動が行われています。パルシステムは2000年にこの運動に賛同・協力し、2003年度からは、交流活動として組合員とともに植樹を続けています。これまでの活動で植えた木々は、昨年累計1万本を突破しました。  
 
 パルシステムでは、毎年首都圏各地で野付漁協女性部のみなさんを講師とした「浜の母さん料理教室」を開催しています。野付の名産を使った家庭料理を伝える場は、まさに顔の見える関係として多くの組合員から好評を得ています。


浜の母さんたちと一緒にお料理  
 料理教室では、お母さんたちの手ほどきを受けながら、ほたての殻むきに挑戦。手のひらほどもあるりっぱなほたてを専用のヘラを使って殻からはずし、お刺身に仕立てました。ほかにも、鮭のちゃんちゃん焼きや、ほたてフライ、秋鮭汁、ほたてご飯など、北海道の海の幸をふんだんに使ったお料理がテーブルいっぱいに並びました。    
 参加者は、でき上がったお料理を味わいながら女性部の方たちと野付の冬の生活や今日のレシピのことなどの話に花を咲かせ、産地のことを知り、理解を深めるよい機会となりました。



本日のメニュー
ほたてご飯
秋鮭汁
秋鮭のミニちゃんちゃん焼き
秋鮭スモークサーモンのサラダ
ほたてフライ 
ほたての刺身
秋鮭の親子丼
北海しまえび
      



              
参加者の感想
・本当においしく、たのしく幸せな時間を過ごしました。
・今までに食べたことのない調理法を知ることができ参考になりました。
・遠いところからありがとうございました。寒くてたいへんですが、がんばってください。
・ほたてのむき方をおそわり、とてもためになりました。