テーマ活動

こだわり素材発見テーマグループ

2014年2月10日  「これぞ!パルのコアフード牛第4弾」学習会開催
2月5日(水)商品委員会テーマグループ「コアフード・エコチャレンジ」は、すーぺーす・ドゥにおいて、「これぞ!パルのコア・フード牛 第4弾」学習会を開催しました。

はじめに、(株)パル・ミートの山田麻美さんから『コア・フード牛』は、牛のあるべき姿で健康に育てようとしている取り組みであること、予約登録制のみで購入する商品で、全ての部位をバランスよく消費することで安定、継続的な牛肉生産を可能にしていることや日本の肉牛生産についてお話いただきました。次に、北海道勇払郡安平町でアンガス牛の繁殖・育成から肥育まで一貫生産を行なっている内藤順介さんから、餌や飼料についての説明がありました。餌は、牛の生理機能に合わせ牧場で自給生産できるものを中心に、地元で生産されたビール粕など食品副産物も活用し、輸入穀物飼料を使用していないということです。

また、雄牛によって、種付けされた牛が放牧地で分娩し、子牛が母乳を飲んで放牧地で育つという健康的な肉牛生産のスタイルは、日本では極めて珍しいやり方であり、それがと畜時の肝臓廃棄率の低さに表れているとも話されました。お話のあとは、試食タイム。健康に育ったうま味たっぷりの牛を焼き肉で味わいました。