NEWS Topics

2019年3月15日 「第30回 パルシステム埼玉 生産者・消費者交流会」を開催
  これぞ産直!!~産地と食卓が育む未来~
 3月8日(金)、ラフレさいたま(さいたま市)で「第30回 パルシステム埼玉 生産者・消費者交流会」を開催しました。  


 パルシステムの産直は、「つくる人」と「食べる人」がともに健康で安心なくらしを実現し、環境保全・資源循環型を基本に食と農をつないで、豊かで持続的な地域社会をつくることを目指しています。この交流会は、全国のパルシステムの産直産地の生産者と組合員が直接話して理解を深め合える場となっており、毎年多くの組合員が楽しみに参加します。30回目の節目を迎える今年は、「これぞ産直!!~産地と食卓が育む未来~」をテーマに開催し、生産者58名、組合員51名、役職員38名のあわせて147名が参加しました。  


 パルシステム埼玉 田原けい子理事長の挨拶の後、パルシステム生産者・消費者協議会 大津清次代表幹事(愛媛県 無茶々園)より開会の言葉がありました。「3.11から8年が経ちます。その後も豪雨などの災害が続いており、将来命を育む食が手に入らなくなる時代が来るかもしれません。ものを作って買うだけの関係性ではなく、作る人、食べる人が手を取り合ってすすめていく必要があります。ぜひ今日は、“やっぱりパルでよかった”と思えるような交流会にしてください」。


生産者・消費者協議会 大津清次代表幹事
 無茶々園代表取締役

 次に、2018年9月21日~22日にJAふくおか八女(福岡県)で行われた、みかんの公開確認会の報告がありました。
 監査人として参加した組合員の山水磨留美さん、石尾優子さん、久保田眞理子さんが、JAふくおか八女の特徴や監査の手順、栽培への取り組みなどを所感を交えながら伝え、生産者の松崎智明さんは、みかん栽培の現状や課題、今後の抱負を述べました。
 

監査人(組合員) 石尾優子さん

JAふくおか八女 みかん生産者
松崎智明さん

 「農業と消費の未来」と題した基調講演では、佐原農産物供給センターの香取政典さんに、農業の現状と農業が担う多面的な役割についてお話しいただきました。また香取さんは、会場にいる若手生産者に向けて、今後パルシステムとの関係性の中でどこに価値を見い出すかを問いかけ、産地ビジョンで見えた課題を生産者どうしで共有し学び合い、パルシステムと連携して産直をすすめていってほしいと語りました。  

 続いて、佐原農産物供給センター女性部「農め~くくらぶ」の香取千恵子さんより、野菜のレシピの開発や情報の提供、料理講習会など、組合員との交流を中心とした農め~くくらぶの活動と、2015年に設立した、さつまいもの生産から加工・製造、販売までを行う、株式会社いっぷく堂の取り組みをうかがいました。


佐原農産物供給センター
香取政典代表

農め~くくらぶ・株式会社いっぷく堂
香取千恵子さん

 テーブルトークでは、笑顔で盛り上がるグループや、農業を取り巻く状況、今抱えている課題などを真剣に意見交換するグループなどさまざま。昼食には産地の食材とパルシステムの調味料を使ったお弁当を楽しみながら、終始なごやかに懇談しました。


時間が経つにつれて話が盛り上がります

組合員の願い、生産者の思い、



後継者や労働力不足の問題、

こだわりの取り組みなど…


作る人、食べる人、互いに理解を深めました

産地の農畜産物を使った特製のお弁当
大好評でした!

昼食後は、代表者が話し合った内容と感想を発表しました。


生産者
組合員のみなさんが食べておいしいと
言ってもらうのが自分たちの仕事。
後継者の問題も深刻になりますが、同じ農業者として
他の産地と協力しながら、作る喜びを感じて仕事が
できるよう次の世代に引き継いでいきたいと思います。

組合員
初めて参加しました。
産地や生産者の努力がよくわかり、
金額だけで購入は決められないなど、
今日はとても勉強になりました。

 
 閉会に際して、パルシステム生産者・消費者協議会 彦坂誠幹事(神奈川中央養鶏農業協同組合)が、「全国産地の生産者が一堂に会するこの交流会は、他の生産者、組合員、パルシステムの職員と話せる得がたい機会です。これからも長く続くよう期待しています」と締めくくりました。


生産者・消費者協議会 彦坂 誠幹事
神奈川中央養鶏協同組合 代表理事組合長

生産者の感想
・自分たちの生産物がどういう方が消費しているか知ることができました。
・初めて参加しましたが、多くの方が我々の生産物を楽しみにしていることを知ることができました。産地に持ち帰り、ほかの生産者に話して生産意欲につなげたいと思います。
・産地に来てください!
・組合員さんはもちろん、ほかの生産者の方と話すことができ、とても勉強になりました。
・農業はたいへんなことも多くありますが、その分やりがいや達成感もあり楽しく作業をしています。今後もみなさんに安心していただけるものを生産していきます。

組合員の感想
・たくさんの方から投げかけられた課題を考えながら基調講演を聴き、グループトークができてとても有意義で楽しかったです。
・公開確認会の報告があってよかったです。
・生産者の苦労を聞かせていただき、食べる時に思い出しながら食べたいと思います。
・自然環境、人手不足など、悩ましい問題が多いなか、安全・安心な食を届けていただけるありがたさをつくづく感じました。
・私たちは買うことで応援します。