NEWS Topics

2019年2月23日 「0円キッチン上映会」を開催
 パルシステム埼玉は2月23日(土)ウェスタ川越で、「0円キッチン上映会」を開催し、45名が参加しました。


© Mischief Films

 「0円キッチン」は“フードロス”をテーマに扱い、食材救出人のダーヴィドがヨーロッパ5ヵ国を回りながら、廃棄食材しか食べずに旅をするという内容です。

 ダーヴィドが問題提起している数々は日本にも置き換えられることで、さまざまな視点から考えさせられる映画でした。例えば、スーパーやコンビニ、家庭では賞味期限切れなどの廃棄食材が毎日出ています。まだまだ食べられる食材をすぐに捨てるのか、それとも美味しく食べられるよう救出するのか…1人1人の意識が変わることで、改善できることもあると映画では訴えかけています。
ダーヴィドの前向きな姿勢は、参加者の食糧危機への意識を高め、自分たちでできることを考えるきっかけとなりました。


 パルシステム埼玉でもフードドライブ活動を行なっており、商品展示会など組合員が多く来場するイベントで、家庭で眠る食品の寄付を呼び掛けています。預かった食品は、フードバンクに寄付し、地域の福祉団体や施設を通じて生活困窮者へ届ける活動につながっています。

◆参加者の感想(一部抜粋)
・フードロスの課題は世界共通なのだということがわかりました。
・メッセージに押し付けがないので受け取りやすかった。
・欧州の食料廃棄事情の取り組みなども見られてよかった。
・この問題の解決の難しさと、それでも取り組む意味やシステムが必要かと思いました。