NEWS Topics

2019年2月15日【埼玉県内企業初!】『ウッドスタート宣言』調印式を執り行いました
パルシステム埼玉は、1月26日(土)役職員全体会で東京おもちゃ美術館とウッドスタート宣言の調印式を執り行いました。


『ウッドスタートとは』
「認定NPO法人芸術と遊び創造協会」が展開する「木育」の行動プランのことであり、
同団体が、2010年に林野庁から木育事業を受託し、翌年4月には東京都新宿区で新生児に“木のおもちゃ”をプレゼントする事業が始まり、ウッドスタート事業が開始されました。
「木」を中心に置いた子育て・子育ち環境を整備し、子どもをはじめとする全ての人たちが、木の温もりを感じながら、楽しく豊かにくらしを送ることができるようにする取り組みとなります。

この取り組みに賛同する企業は、協会が定める3要件を満たすことで『ウッドスタート宣言』を行うことができます。

『埼玉県内企業初!』
ウッドスタート宣言はこれまでに、37自治体、26企業が取り組んでいます(2018年10月時点)。

埼玉県では秩父市とときがわ町が行なっており、企業としてはパルシステム埼玉が初となります。
今後は2つの自治体と連携しながら木育を推進する予定です。

会の中で、締結を記念して、東京おもちゃ美術館副館長の馬場 清 様に講演いただき、
パルシステム埼玉の取り組みへの期待の言葉が述べられました。


東京おもちゃ美術館副館長 馬場 清 様

木のおもちゃを手がけた
スタジオ鼎(かなえ)の江幡三香 様