NEWS Topics

2017年6月29日 2017年度大豆トラスト運動 種まきを行いました
 6月24日(土)、児玉郡神川町で、今年度の大豆トラスト運動に登録した組合員が大豆の種まきを行いました。
 
 パルシステム埼玉では、毎年耕作放棄地を大豆畑によみがえらせる「大豆トラスト運動」に取り組んでいます。組合員が耕作放棄地を利用した大豆畑の一定区画にお金出し、生産者とともに国産大豆を作り、できた大豆を食べ、大豆の自給率向上を目指すというもので、運動に参加する組合員が、畑を管理していただいている神川農業グループのみなさんの指導のもと、豊かな自然の中で種まきから草取り、収穫までの大豆栽培を体験します。今年で12年目を迎えた大豆の耕作地は運動を始めた当初から約2倍に拡大しています。

 
 昨年は天候不順で種まきができませんでしたが、今年は参加者23名が、神川農業グループのみなさんと作業を行いました。
 



次回は、7月22日(土)に草取りを予定しています。