NEWS Topics

2017年6月22日 第4回蕨市民会館映画祭が開催されました
 6月4日(日)、蕨市民会館コンクレレホールで、第4回蕨市民会館映画祭が開催されました。
 蕨市民会館の活性化を通じて蕨市のにぎわいを取り戻すきっかけに、と始まった「蕨市民会館映画祭」。人と人をつなぐ映画の力を生かし、まちへの思いを呼び戻せるようにと毎年開催されており、パルシステム埼玉も協力団体として参加しています。4回目を迎えた本年は大森一樹監督作品「ベトナムの風に吹かれて」を上映しました。認知症の母親とベトナムの地で生活することになった日本語教師が、現地の人々に支えられ人生を豊かにしていく物語です。


 認知症の母親役を演じた女優草村礼子さんを当日のゲストにお招きし、上映後の第2部で蕨市長と実行委員会副委員長とともにトークショーを行いました。ベトナムロケの話から現地の生活事情など関連する話題や、認知症役を演じてみての思いなどを語っていただき40分間が短く感じる内容となりました。
 

上映後は、草村礼子さん、頼高蕨市長、石川副委員長の
トークショーが行われました。

認知症の母親役を好演した草村礼子さん

ベトナムの人々との交流を描いた作品でもあるため、休憩時間を利用し日本ベトナム友好協会の方による現地のパネル展示と楽器の演奏をホワイエで行いました。 満員御礼となった会場が一体となり、優しさに包まれたステキな映画祭となりました。


ベトナム伝統楽器演奏と現地のパネル展示をしていただいた
日本ベトナム友好協会のお二人。