食育サポーターのおすすめパルレシピ

2020年01月06日
炊飯器で“いただき”

材 料(10個分)

  • 油揚げ…5枚
  • 米…1.5合
  • 人参…30g
  • ごぼう…20g
  • 干ししいたけ…10g(2枚)
  • くるみ…20g
  • 銀杏…あれば
  • 【調味料】しょうゆ…大さじ2、白だし…大さじ2、塩…ひとつまみ、酒…大さじ1、みりん…大さじ1

作 り 方

  • 米を洗ってざるに上げておく。油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、干ししいたけはかぶるくらいの水で戻す。(戻し汁はとっておく)
  • ごぼうはささがきにして水にさらす。人参は千切り、干ししいたけは薄くスライスする。くるみは粗く刻む。
  • ボウルに米、を入れてまんべんなく混ぜる。
  • 油揚げは斜めに包丁をいれて半分に切って口を開く。(写真参照)開きにくい時は、めん棒で油揚げ表面を軽く押しながらころがす。
  • の油揚げにを詰め、口を楊枝などで止める。
  • 炊飯釜にの口の部分を下にして並べ、調味料としいたけの戻し汁50cc、水400cc加え、普通に炊く。

食育サポーターアドバイス鳥取県の郷土料理を炊飯器で作ります。見た目はいなり寿司のようですが、じっくりと炊き上げ風味豊かです。お弁当にも。(食育サポーター 杉山 真希さん)

2019年12月02日
クリスマスリースグラタン

材 料(4人分)

  • 鶏むね肉…200g
  • 玉ねぎ…小1個
  • きのこ(エリンギ、しめじなど)…100g
  • ブロッコリー…1房
  • ミニトマト…4個
  • 卵…1個
  • 『北海道ポテトのお星さま』…5〜6個
  • 『クリームシチュー(フレーク)』…大さじ5
  • 牛乳…400cc
  • ピザ用チーズ…適量
  • 塩・こしょう…少々

作 り 方

  • オーブンを200度に予熱しておく。ブロッコリーは小房に分け、茎は根元と外側を厚めに切り落とし、適当な大きさに切る。
  • ミニトマトは半分に切る。卵はゆでて、冷めたら殻をむいて縦に6等分する。
  • 鶏むね肉は小さめ、玉ねぎときのこは適当な大きさにして塩・こしょうを少々してフライパンで炒める。
  • 『北海道ポテトのお星さま』をオーブントースターで焼く。
  • 小鍋に『クリームシチュー(フレーク)』と牛乳を入れ、とろみがつくまで弱火で煮込んでホワイトソースを作る。
  • 耐熱容器にとゆでたブロッコリーの茎を広げて入れ、上からのソースをかけ、チーズをのせて200度のオーブンで焼き色がつくまで15~20分焼く。
  • の上にブロッコリーをリースに見立てて丸く並べ、を飾る。

食育サポーターアドバイス 

シチュールーであっという間にホワイトソースのでき上がり♪リース型に飾り付けると季節感たっぷりに仕上がります。
(食育サポーター 中島 園子さん)

2019年11月04日
なすとさんまのミルフィーユ
recipe_2019_11_01

材 料(4人分)

  • 『北海道産パクパクさんま』…1袋
  • なす…2本
  • トマトソース(またはピザソース)…300g
  • パン粉…100g
  • 粉チーズ…30g
  • ドライパセリ…大さじ1
  • シュレッドチーズ…30g
  • オリーブオイル…大さじ2
  • 塩…小さじ1
  • 酒…少々
  • こしょう…少々

作 り 方

recipe_2019_11_02
  • 『北海道産パクパクさんま』は、食べやすい大きさに切り、塩、こしょう、酒をふる。
  • なすはヘタを取り縦5mm厚さに切って水にさらす。
  • ビニール袋にパン粉、粉チーズ、ドライパセリを入れて口を閉じて振り混ぜる。
  • フライパンにオリーブオイル大さじ1 を熱し、のなすを焦げ目がつくまで焼いて取り出した後、オリーブオイル大さじ1を足してさんまを焼く。
  • オリーブオイル(分量外)を塗った耐熱容器に、のパン粉1/3量をしき、その上にトマトソース、焼いたなす、さんまを順番に1/2 量ずつ重ねる。この作業をもう一度くりかえし、最後に残ったパン粉をふり、シュレッドチーズをのせて、200℃に予熱したオーブンで15分~20分焼く。
食育サポーターアドバイス

生のさんまが手に入らないときは凍ったまま調理できる『北海道産パクパクさんま』が便利です。さんまのほかにもあじやいわしのフィーレを使ってもおいしく召し上がれます。

TOP