コロナ禍が影響を与えた日本の貧困問題

申込No. 5-3-1

コロナ禍が影響を与えた日本の貧困問題

深刻化している貧困の状況について知り考えませんか

日時 6月7日(月) 14:00~16:00
場所 ぱる★てらす 3階 多目的室
定員 25名
参加費 無料
託児 無 子どもの同室 不可
申込方法 応募フォーム・ハガキ(組織運営部宛)
申込締切 5月23日(日)(必着)
問い合せ 組織運営部(0120-921-170)
持ち物 筆記用具、飲み物
その他 ぱる★てらす入館時に、手指の消毒、マスクの装着をお願いします。
当日フードドライブを行います。詳細は当選ハガキでお知らせします。
瀬戸大作氏(反貧困ネットワーク事務局長)プロフィール
1962年生まれ。昨年、新型コロナ災害緊急アクションを設立。原発事故避難者相談支援の「避難の協同センター」も設立し事務局長を担う。パルシステム生活協同組合連合会専任部長。

※当落の結果は主催者から6月1日(火)までに、全員にご連絡します。

マップ

TOP