地域貢献活動

市民活動支援金

市民活動支援金

2019年9月25日 2018年度助成団体 NPO法人なかよしねっと(朝霞市)視察報告
 9月20日(金)、市民活動支援金助成団体のNPO法人なかよしねっとが運営する、「なかよしかふぇ」と子育て支援センター、障害児放課後学童クラブを見学させていただきました。
 
 生活介護事業所なかよしかふぇは、朝霞市朝志ヶ丘の朝霞浜崎団地の店舗棟の中にあるコミュニティーカフェです。店内ではランチの提供や焼き菓子の製造販売をしています。2階では内職などの作業を行なっているそうです。


なかよしカフェの店内

限定20食の日替わりランチはとても美味しく、子育て支援センターに訪れた赤ちゃん連れの方や団地にお住まいの方など、たくさんの方が来店されています。


本日の日替わりランチ

 同じ朝霞市内にあるNPO法人食品リサイクル農園あさかにご協力いただき、近くにある「なごみ農園」で畑作業のお手伝いもしているそうです。見学した日はキウイやピーナッツ、長ネギなどたくさんの作物がもうすぐ収穫というところでした。






 朝霞市の委託を受け運営している子育て支援センターも団地敷地内にあり、障害のある無しに関わらず地域の子育て中の親子が集える場所となっています。「おもちゃ図書館」としておもちゃの貸し出しもしているそうです。 見学した日も未就園児のお子さん連れがたくさん遊びに来られていました。施設の支援員にも障がい児のお母さんがいて、子どもに不安のある方がちょっとした相談に来られることもあるそうで、安心の場になっていると感じました。






 子育て支援センターと同じ建物の中に障害児放課後児童クラブがあります。畳の部屋もある広く安心できる部屋で、5時半まで子ども達が過ごします。



 かふぇで働く方が支援センターにランチの配達に行ったり、屋上庭園で作物を育てたりもしているそうです。 また団地内の食品スーパーに食材の買い出しに行ったりと、施設を出て活動することもできとても居心地のよい場だと思いました。
 
 NPO法人なかよしねっとは、障がいをもつ児童の放課後や余暇を過ごす場所として約20年前に保護者が立ち上げたサークルが活動の始まりです。現在も保護者が運営に携わっていて温かみを感じました。 かふぇと子育て支援センターは予約なしで気軽に入ることができます。お近くの方はぜひ足を運んではいかがでしょうか。

                                   
 「NPO法人なかよしねっと」のご案内
 ホームページはこちらから