地域貢献活動

伝え合い活動

パルシステム・ライフ・アシスタント(PLA)

2014年6月6日 組合員の声から生まれた商品ミニランチ会を開催しました
パルシステム埼玉は、講師にパルシステム東京のPLA(パルシステム・ライフ・アシスタント)の森島さんと佐藤さんをお迎えし、「組合員の声から生まれた商品ミニランチ会」を開催しました。

森島さんは、パルシステムがより良い商品づくりをすすめるために掲げた7つの約束のひとつ「組合員の声を反映させた商品づくりを大切にする」について説明し、声を寄せる具体的な仕組みと、これまでに組合員の声により改善された商品の紹介をしました。佐藤さんからは、パルシステム福島の組合員が開発に協力した『やわらかさんまみりん干し』についての誕生から、それによる復興支援までの物語をお話いただきました。

次に、パルシステム埼玉の2013年度の商品開発チームのメンバー金田さん、本間さんから今回商品開発に協力し、商品化となった『具グット国産!フライパンde春巻』について、開発までの苦労や商品のコンセプトなどを話していただきました。

後半は、これまでに開発され商品化されたものをワンプレートに盛り、試食。パルシステム埼玉のPLAの柿添さんからその商品についての説明もありました。

食後は、森島さんから、石けんの安全性や環境への負荷についてなど、石けんミニ講座もあり、もりだくさんの講習会になりました。