地域貢献活動

助け合い活動

いきいきネットワーク

2018年11月19日 「車いす講習会」を開催
 11月8日(木)にぱる★てらすで、いきいきネットワーク応援者を対象に、車いす講習会を開催しました。
 前日まではお天気の心配をしていましたが、講習会当日は、気持ちよい風の吹く秋晴れとなりました。今年度はNPO法人ケア・ハンズ 浅川氏、中田氏を講師にお迎えしました。

 11名の応援者が参加し、車いすの知識や介助時の注意点、会話やコミュニケーションの仕方について学びました。その後は、2人1組での屋外で実習でした。     今回の講習会では、「高齢者擬似体験」の装具を付け、車いすに乗りました。実際の高齢者(75~80歳くらい)体験装具をつけての車いすの乗り降りは、視界が狭くなり、足や体が重く、背中が丸く、動作がゆっくり慎重になってしまいます。また介助する側は、段差や上り坂、下り坂、コンディションの悪い道などを通ることで、車いすの思わぬ動きや力の入れ具合などを体験しました。最後には、装具をつけたまま車いすを介助するという体験をしました。昨今では老老介護が社会問題となりつつあります。 
 路上講習会を体験してみて、高齢化社会に入り、いつか自分が車いすに乗る人の安全安心に注意するとともに押して下さる方の気持ちに寄り添って乗ることが、とても大切に思う講習会でした。


車いすの基本操作を教わります

狭い通路の練習


高齢者体験装具を身に付けて屋外実習

段差の練習