地区会・エリア委員会 西部エリア

所沢地区会

2016年3月31日 所沢地区会&三芳センターコラボ企画「パティスリーNABEYA」
 3月30日(水)、男女共同参画推進センター・ふらっとで、所沢地区会は三芳センターとのコラボ企画として、親子スイーツ教室を開催しました。
 講師は三芳センターの職員・鍋屋さんです。鍋屋さんはパティシエの経験があり、今回は沃土会の人参を使ったパウンドケーキと、PB商品『ホットケーキミックス』を使ったクレープの作り方を教えていただきました。


 たくさんの摩り下ろした人参の水分をしっかり切り、バターや薄力粉などの材料に少しずつ分け入れながら混ぜます。人参のオレンジ色に染まる生地を子どもたちはワクワクしながら型に流しこみ、じっくりオーブンで焼きます。


 人参のパウンドケーキの生地を焼いている間、鍋屋さんによる苺のデコレーションケーキのデモンストレーションが行われました。お家でもきれいにデコレーションができるポイントを説明しながら、苺と生クリームをふんだんに使った贅沢なデコレーションケーキを完成させました。「苺の飾りがきれい!」「お店のケーキだ!」とできあがったケーキに、子どもたちは大興奮。お家で誕生日のケーキやクリスマスケーキを作る際、お母さんと一緒にぜひチャレンジしてくださいね。


 パウンドケーキのおいしそうなにおいが会場に広がる中、今度はクレープ作りに挑戦しました。『ホットケーキミックス』に卵と牛乳を混ぜ、薄く焼くだけなので、小学校低学年の子どもでも簡単にできました。後はお好みでフルーツとクリームを添えて完成!焼き上がった人参のパウンドケーキと、現在CMが放映中の『こんせんプレーンヨーグルト』と一緒に味わいました。


 普段は荷物を届けてくれる配送担当者としか関わる機会がありませんが、スイーツ教室を通じてパルシステム埼玉の職員と交流することができました。今後も組合員と職員・スタッフが交流できる企画が増えると良いですね。


次回は4月25日に、電力自由化についての学習会を予定しています。