地区会・エリア委員会 南部エリア

蕨地区会

2013年11月5日 もっと知ろう パルの食品 ~野菜・お肉・牛乳・卵編~
10月24日(木)蕨中央公民館調理室で、「もっと知ろう パルの食品 ~野菜・お肉・牛乳・卵編~」を開催しました。まず、PLA(パルシステム・ライフ・アシスタント)の菅淑子さんからいろいろお話をうかがいました。

青果については
・「エコ・チャレンジ」「コア・フード」の説明
・「エコ・チャレンジ」でなくてもパルのお野菜は慣行栽培と比べて化学合成農薬の使用回数が格段に少ないこと
お肉、卵については
・豚、鶏のストレスをかけない育て方
・米沢郷鶏は、までっこ鶏、鹿児島若鶏と飼料が違うこと(非遺伝子組換え)
・こめ豚、こめ鶏、こめたまご→飼料を国内自給にする取り組みであること
牛乳については
・低温殺菌により、生乳の風味を損ないにくいこと
など、各施設を視察した際のお話も交えながら、わかりやすく説明していただきました。
「100万人の食づくり運動」として開催したため、人数に対してちょっと豪華?な試食をいただきながら、話が弾みました。