テーマ活動

We love♥組合員の開発協力商品テーマグループ

2018年6月4日 「時短♥スキンケア&メイクで楽しいくらし」を開催
  5月31日(木)、ぱる★てらすで、昨年9月にパルシステムのオリジナル商品として組合員が開発協力した『プラセンタオールインワンゲル』の学習会と時短メイク術講習会を開催しました。  


 講師に、『プラセンタオールインワンゲル』を製造する(株)ジャパンビューティプロダクツより根岸里歌さん、田中亜紀子さん、伊藤大輔さんを、パルシステム連合会より小松明日美さんを招き、『プラセンタオールインワンゲル』について、初の産直PB化粧品であること、組合員が開発に参加したことなど、商品の特徴と開発秘話をお話いただきました。  
 
 『プラセンタオールインワンゲル』は、パルシステム茨城の組合員が40代からの年齢肌にアプローチする高保湿なゲルを目指し開発協力した商品です。組合員とともに開発に関わった小松さんは、まず食品と同様、化粧品にもパルシステムの独自の基準を設けている趣旨を説明。この基準をクリアしながら①忙しく時間のない女性に②年齢によるお肌の悩みケアを求めている方に③朝晩、1年を通して使えるという3点を商品コンセプトに、組合員自身が保湿力や使用感を確かめられるよう長期モニタリングを実施し、何度も意見交換と試作をくり返したことなど、開発の背景を話しました。
 さらに本品の大きな特徴について、「配合しているプラセンタエキスはパルシステムの産直産地ポークランドの豚由来。産地指定が実現したのはパルシステムならではです。ぜひ安心して使ってください」 と強調しました。


「組合員の目線でつくった化粧品です」
パルシステム連合会 小松さん

「他社の商品と比べてみてください」
(株)ジャパンビューティープロダクツ 根岸さん

年齢肌の悩みにこたえる、
ひとつで4役
『プラセンタオールインワンゲル』
100g2350円と値段もお手ごろ

 後半は、田中さん、根岸さんによる時短メークアップ講座を行いました。パルシステムのカタログで企画される(株)ジャパンビューティプロダクツの製品には、『プラセンタオールインワンゲル』のほかにもアクアブリエやレクティといったメークアップシリーズやヘアケア製品、日焼け止め、美容液マスクなどがあります。商品の説明の後、講習会では、それらの製品を使って、メークを仕上げるのに最も重要といわれるベースメークに始まり、美しい眉の描き方、チークの入れ方、口元を魅力的にみせるリップの塗り方を順番に教わりました。田中さんによると、美しいメークアップの秘訣は、まずお肌のコンディションが整っていることだそうです。「ていねいな洗顔としっかり保湿、紫外線からお肌を守るお手入れをしましょう。メークの前にお肌を触って手のひらにすい付くような感じが一番いい状態です」
 その後、田中さん、根岸さんらにアドバイスいただきながら実際にメークアップを行いました。


「紫外線からお肌を守るにはベースメークが大事なんです」
(株)ジャパンビューティプロダクツ 田中さん

リップの黄金比率
上唇:下唇=約1:1.5
最も優雅さのあるバランスと言われているそうです




 仕上がりを鏡で確認した参加者からは「ちょっとしたことで、こんなに印象が変わるんですね」「いつもなら選ばない色を試せてよかった」「明日から続けてみます」などの感想が聞かれました。
 
 6月~7月はパルシステムの環境キャンペーンです。「We love♥組合員の開発協力商品」テーマグループでは、参加者のみなさんに環境について考えてもらおうと、お土産に組合員のモニターアンケート協力で開発された『YUMYUMベビーソープ』を持ち帰っていただきました。また、試食には2005年度のパルシステム埼玉の開発協力商品『産直小麦のカステラ』をご用意しました。


カタログに掲載される
組合員の開発協力商品は
この緑のマークが目印です