テーマ活動

広めよう!!パルの商品

2017年5月24日 「薬用アクアブリエスキンケアシリーズ学習会」を開催
5月23日(火)ぱる★てらすで、広めよう!!パルの商品テーマグループは「薬用アクアブリエスキンケアシリーズ学習会」を開催しました。
パルシステム生活協同組合連合会の職員の方から、「ほんもの実感!」くらしづくりアクションの取り組みについてお話があり、その後、(株)エムシーサービスより取締役・田篭さん、営業部・谷口さん、東京支社営業部・尾形さんを迎え、学習会を始めました。


(株)エムシーサービス
東京支社 営業部 尾形さん

まず、薬用アクアブリエスキンケアシリーズの開発コンセプトについて、尾形さんより説明がありました。「健やかな肌をつくるには、肌には異物をつけないのが最良の方法と考えられています。汗や脂が天然のクリームなのですが、紫外線や環境の変化などにより肌本来の働きだけで、健やかに保つのは不可能となってきました。そこで、〝すぐれた効果〟〝成分や処方にこだわった安心処方〟〝適正価格〟を追求し、開発されました」。


パルシステムPB商品
薬用アクアブリエスキンケア

薬用アクアブリエの5つの特長
 1.ダブル有効成分を配合した「医薬部外品」
 2.ハリ・うるおいをもたらす保湿成分を配合
 3.無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリーの安心処方
 4.心地よい使用感
 5.経済的な適正価格

説明を受けた後、肌の水分量を測定器で測定し、メーク落とし⇒洗顔⇒美容液⇒化粧水⇒乳液 の順で、肌のお手入れを行いました。
洗顔は、32℃のぬるま湯で洗顔フォームをしっかり泡立て、たっぷりの泡で洗います。美容液は肌にすべらせるように、毛穴を持ち上げながらなじませます。化粧水はコットンにたっぷりしみ込ませ、持ち上げるようにパッティング。120ml入りの化粧水ならば、1ヶ月で1本を使い切るのが使用目安です。乳液は、適度に保湿効果を与えるため、お肌のタイプ(乾燥・普通・脂性)や状態によって使用量を加減します。


肌のお手入れを終えたら、メークアップの学習へと移りました。
ファンデーションは少しずつではなく、たっぷりとって頬の高い位置から放射線状にのばして塗ります。隠したい所は重ね塗りをしてください。アイシャドウは塗り方、色の選び方で印象が変わること。眉のかき方も学び、自然に見えるようにするための工夫、アイシャドウと相性の良い口紅の選び方なども教えていただきました。
最後にチークの塗り方のコツを学び、質疑応答を行いました。


【質疑応答内容】
・薬用アクアブリエスキンケアシリーズに切り替える場合、何から切り替えると良いですか?
  ⇒ホワイトニングエッセンスからの切り替えをおすすめします。
・夏用ファンデーションに切り替える時のタイミングは?
  ⇒衣服と同じ、衣替えの頃。
・スポンジのケアはどのようにしたら良いですか?
  ⇒専用の洗剤ではなく、普通の石けん(固形・液体)で洗ってOK。
・美白開始の始め時は?
  ⇒秋冬に開始するのが効果的です。秋冬にしっかりケアしてください。


これから強くなる紫外線、肌をいたわるために学習会に参加したみなさん。普段とは違うメーク術を習得し大満足!笑顔あふれる学習会となりました。