テーマ活動

ピース・インターテーマグループ

2017年6月16日 「72年前の夏の日を語り継ごう」を開催しました
 5月26日、当時広島で戦争を経験し、語り部の活動を行っている原爆被害者の服部道子さんをお迎えし、ぱる★てらすで平和について考える学習会を開催しました。


 まずはじめに、ピースインターテーマグループのメンバーが、昨年8月に開催された「ピースアクションinヒロシマ」に参加し、視察した先で見た景色、今もなお残る戦争の傷跡などが写された写真を紹介し、参加者に報告しました。


 続いて服部さんが、1945年8月6日に原子爆弾が投下された広島の出来事について、スクリーンに写された現在の広島の写真を見て語りました。何故広島に原爆が落とされたのか?原爆による被害とその後の影響は?原爆の後に降った黒い雨とは何か?参加者が疑問に思うことを実体験を交えて話しました。服部さんは、当時目の前で起きた悲劇を思い出し、時折声を震わせていましたが、二度と同じ悲劇を繰り返さない為にと、最後まで力強く印象的に語っていました。


 最後にコープみらいの組合員による原爆被害者の声を纏めた冊子の朗読が、テーマグループのメンバーとともに行われました。その、恐ろしい体験と苦しみの声が込められた文章に、目を閉じてその光景を思い浮かべ涙する方もいました。


 今年の8月には、広島で平和を考える企画として「2017ピースアクションinヒロシマ」が開催される予定です。また、7月末に行われる「日韓子ども交流」では、韓国の子どもたちと一緒に服部道子さんの語りを聞く予定です。戦争のない平和な世界を考えるきっかけとして、これらの企画にぜひご参加ください!