交流田んぼ日記

2017年5月31日 田んぼ交流企画 第1回目「どろんこ大会」
5月28日(日)、パルシステム埼玉は、南埼玉産直ネットワークとの田んぼ交流第一回目の企画「どろんこ大会」を行いました。
第一回目は快晴のもと、27家族(大人43名 子供33名)の組合員が参加しました。
12年目を迎えた田んぼ交流は、生産者と組合員が田植えから稲刈りまで全6企画を体験します。今年も交流米の品種は『彩のかがやき』です。

今回の企画は6月3日(土)の田植えに備えた、土とふれあうプレ企画です。
小さなお子さんが土になれるきっかけになり、お父さんお母さんが持ち物や服装など、田植え体験当日に困らないようになることを目的とした初企画です。

開会のごあいさつの後、企画に関する注意点などを生産者の関本さんからお話いただきました。

お話が終わったら、さっそく田んぼに入ります!
最初は恐る恐る入っていた子どもたちも、時間が経つにつれてプールのように大はしゃぎ!
参加者のみなさんはただ歩き回っているだけでも、田んぼの土をかき回すことになり雑草の抑制につながるのです!驚きです!

土とふれあったあとには、関本さんからサプライズのサンチュのプレゼントが!数に限りがあるので、急遽じゃんけん大会開催!
勝ち取った方の夜ごはんは焼き肉で決まり!美味しくいただいてください♪