『農・彩・土』

『農・彩・土』は、2011年に埼玉県内産直産地の沃土会、南埼玉産直ネットワーク、パルシステム連合会、株式会社ジーピーエス、パルシステム埼玉の5団体で生産者と消費者の交流を通じて地産地消をすすめ、県内の農業と環境を守ることを目的に設立しました。
「わくわく農園」、「田んぼの学校」、「畑の学校」などの産地交流や、地場の商品を使用した料理教室、職員研修、産直商品の開発など、活動は多岐にわたります。

埼玉産直協議会『農・彩・土』会長
沃土会代表
矢内 克志

埼玉産直協議会『農・彩・土』を2011年に立ち上げ、皆様のご協力を頂きながら、なんとか活動をしてきました。ありがとうございました。当初は、参加される方は、それほど多くなかったのですが、今では、数多くの交流活動が進められて、新たに参加する組合員の皆様もだんだん増えてきています。
南埼玉産直ネットワークの田んぼ交流、沃土会の畑交流(わくわく農園、畑の学校)は毎年ご好評の声をいただいております。私たちがくらす地域のこと、自然のこと、田んぼと畑のことをもっと理解していただけるように交流活動を育てていきたいと思います。
今後は、もっと多くの生産者と組合員の参加を進める活動を広げていきたいと思います。事業については、職員のご苦労と協力のおかげで独自の商品が生まれました。組合員に喜んでいただける農産物、加工品を生産していきますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。


多彩なイベントをご用意しています

南埼玉産直ネットワークの田んぼ(岩槻)で、田植え、草取り、稲刈りをしてお米ができるまでを学びます。身近でできる貴重な体験です。また、田んぼの生き物観察や、かかし作りも行います。

過去のイベントは、「交流田んぼ日記」へ
     
 毎年、大好評の「畑の学校」。生産者と季節に応じて旬野菜の植え付けから収穫までを一緒に学びます。

過去のイベントは、「畑の学校交流日記」へ
 
     
パルシステムの産直産地、沃土会の畑で土づくりから収穫までの作業を行っています。10種類以上の旬野菜の植え付けから栽培管理、収穫までを沃土会 矢内会長が一緒に指導してくれます。親子での参加、お一人での参加も大歓迎です。

過去のイベントは、「畑の学校交流日記」へ
 

 
   
豊かな環境で育てた野菜は大きく、瑞々しく実り、育てた作物を皆で収穫します。

収穫祭の様子は、「畑の学校交流日記」へ



注目のキーワード

  • 深谷ねぎ油
  • 彩のかがやき
  • 人参ミックスジュース
  • 季節野菜のピクルス
  • わくわくBOX