NEWS Topics

2018年8月16日 「2018コヨットin埼玉」が開催されました
  8月7日(火)~9日(木)、埼玉県ユニセフ協会・埼玉県生協連主催の福島の子ども保養プロジェクト「2018コヨットin埼玉」が今年も開催され、福島の子どもたち11名が参加しました。
 
 福島に住む子どもたちの被ばく積算量を心配する保護者の気持ちに寄り添い、夏休み期間中に子どもたちの 屋外活動等を通じて心身両面からの保養を目指す取り組みとして、今年で7年目になります。パルシステム埼玉では職員1名を派遣し、運営の支援を行いました。


 今年は比企郡吉見町にある「フレンドシップハイツよしみ」に宿泊し、2泊3日の行程で行われました。  
 1日目は「はじまりの会」の後、ボーイスカウト埼玉県連盟によるレクリエーション、埼玉県ユニセフ協会のみなさんに「貿易ゲーム」を進行していただき楽しいひと時を過ごしました。


 2日目は東松山市民活動センターでうどん作り体験を行い、午後は吉見百穴を見学の後、勾玉(まがたま)づくりを楽しみました。夜は体育館で「光のキャンプファイヤー」を行いました。



 3日目は加須にある「むさしの村」で野菜の収穫体験の予定でしたが、台風の影響で閉園となり急遽「鉄道博物館]の見学となりました。リニューアルした鉄道博物館にも訪れることができ、3日間を通じてさまざまな体験をした子どもたちは、夏休みの思い出をたくさん作ることができました。