NEWS Topics

2018年6月7日 2018年度タオルを贈る運動にご協力ありがとうございました
 パルシステム連合会は1985年から、酪農生産者へ「タオルを贈る運動」に取り組んでいます。酪農生産者は搾乳する際、牛の乳房の感染防止や、搾乳機械の掃除、牛舎内の清掃などに大量のタオルを使用します。一方、組合員の家には贈答品などで家庭に保管したままのタオルが少なくありません。家庭に眠るタオルという“未利用資源”を酪農の生産に生かそうと呼びかけるのが「タオルを贈る運動」です。
 33回目となる今年は5月に募集を行い、パルシステム埼玉の組合員のみなさんより6049枚のタオルが463枚のメッセージとともに寄せられました。ご協力ありがとうございました。


メッセージの一部をご紹介します。
 ・安全でおいしい牛乳をいただけることに感謝しています。
 ・今年も農家のみなさまと牛さんが健康でありますようお祈りします。
 ・いつもおいしい牛乳をありがとうございます。これから暑くなるシーズン、たいへんですがお体に気をつけて、ますますご活躍ください。
 ・心を込めて育てられた牛は幸せで、その牛乳はおいしいに決まっている!ありがとう。
 ・少ない数ですが、役に立てればうれしいです。

 なお、寄せられたタオルとメッセージは、パルシステムの牛乳を生産する4つの産直産地(北海道「こんせん72牛乳」、埼玉県・茨城県「酪農家の牛乳」、埼玉県「酪農家の低脂肪牛乳」、岩手県「いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳」)へ寄贈されます。