NEWS Topics

2017年6月8日 タオルを贈る運動のご報告
 殺菌温度を低く抑えて、生乳の風味をより生かしたパルシステムの牛乳。低温殺菌の生産を実施するには現場を清潔に保たなくてはなりません。産地では、乳を搾る前に乳房をきれいにふいたり牛舎や搾乳機器を清掃して衛生管理に努めています。
 そこに欠かせないのが清潔なタオル。パルシステムでは1985年より牛乳の産地へタオルを寄贈する「タオルを贈る運動」を続けており、今年もパルシステム埼玉の組合員より630のメッセージとともに6574枚が寄せられました。 タオルとメッセージは、パルシステムの牛乳を生産する4つの産地(北海道『こんせん72牛乳』、埼玉県・茨城県『酪農家の牛乳』、埼玉県『酪農家の低脂肪乳』、岩手県『いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳』)の生産者へ届けられます。
ご協力ありがとうございました。