NEWS Topics

2017年5月31日 越生の梅 採って作って in 山口農園
埼玉産直協議会『農・彩・土』は、5月23日(火)、関東三大梅林に数えられる越生町の山口農園で「越生の梅 採って作ってin山口農園」(小梅の収穫体験とカリカリ梅作り)を開催しました。
当日は、小さなお子さん含め16名の組合員が参加いたしました。
山口さんは、越生の梅を多くの人に広く知ってもらおうと、梅の生産のほか、梅の収穫体験や漬け方教室、梅干の種や梅の枝を使った染物教室など、さまざまな体験教室を開いています。また、農家に嫁いだ女性へ農業講習会を開くなど、女性農業アドバイザーとしても活躍されている知る人ぞ知る梅農家です!
農薬もできる限り減らし、必要最低限の使用量で栽培しています。


梅の採り方を教えてくれる山口さん

山口農園では約300本の梅を育てており、梅干しや梅ジュースなど調理方法や使用用途ごとに別の梅を栽培しています。
今回はカリカリ梅作りのため、小梅を収穫しました。カリカリ梅用には、梅の実が小さいうちに収穫するのではなく、もともと小さい品種が適しているそうです。
採ってみると意外に簡単ですが、さくさく採っているうちにどんどん夢中になって、気付くと袋がいっぱいに!

綺麗な色の梅がたくさんとれました♪


収穫してきた梅を、アク抜きのために水に浸します。浸した後は、一個ずつヘタをとります。
美味しくいただくために、みなさん丁寧に取っていました。

その後、塩/醤油/ラッキョウ酢の中から好みのものを選び、ひたひたになるまで注いでカリカリ梅の完成!
作業中も、山口さんの梅に関する豆知識がたくさん聞ける梅づくしの一日でした!