パルシステム埼玉が掲げる「配達担当の4 つのこころえ」の1 つで、「配達担当が窓口となります」と宣言しています。
配達担当者ニュース作成は情報を組合員へ伝える、定期的に組合員に読んでもらう、配達担当者の特徴をアピールするなど、さまざまな目的があります。
その結果、組合員から「○○さんのニュースは毎週楽しみです」等おほめの言葉を数多く頂戴しており、配達担当が窓口の役割を担っています。
今回のコンテストをきっかけに、よりよい配達担当者ニュースが作成され、組合員との信頼の架け橋が広がることを願います。        

結果発表



■最優秀賞作品 東松山センター 渡部宏明さん

先ず私自身がドライバーズニュースを作成するにあたり心掛けている事。それは「シンプルisベスト」です。生き様同様まどろっこしい事が大嫌いな私はそれを先ず考えております。
また相手の立場に立ちどういった内容であればきちんと読んでもらえるか、笑いあり、オチあり、時事ネタもたまには提供しながら少しでも興味を持って頂けたらと日頃考えております。
配達先の組合員から「ドライバーズニュース読んでますよ」「面白いね!」と云う言葉を頂く事もあり、又今後も楽しんで読んで頂ければ幸いです。

画像クリックで拡大




■2位 白岡センター 早川幸絵さん

昨年4 位だったので、今年こそ1 位を狙っていましたが…とても悔しいです。
でも、毎週楽しみにしてくれている組合員のために、これからも見やすく、楽しんでいただけるように書き続けます。

画像クリックで拡大




■3位 東松山センター 田端慧太さん

日頃から組合員の目線に立ち、読む側の気持ちになってドライバーズニュースを書いています。
また、私自身をアピールできるツールでもありますので、小さな事でも「私」を知ってもらい、身近に感じていただける物にしたいですね。
ドライバーはパルシステムの窓口ですので、そういった小さな積み重ねが利用にも繋がっていくのだと信じています。

 
画像クリックで拡大



■4位 東松山センター 田中佐和子さん

作る人・食べる人の橋渡しができればと考えております。
パルシステムでなければ買えない商品がこだわりを持って作られているんだと、1人でも多くの組合員に知って欲しいと思います。だから美味しい、体に良いんだと知って欲しいのです。買うことで環境保全につながる、買うことで地域支援で支えあう、これも時々のテーマとして伝えています。
まずは手に取って読んでいただくのが第一歩。丁寧にわかりやすいを心掛け気持ちを込めて毎週書かせていただいています。

 
画像クリックで拡大



■5位 白岡センター 増保拓也さん

今回の結果にはびっくりしています。
まさか、僕が選ばれるとは思ってもいませんでした。
今後も、組合員に喜んでいただけるニュースを作成していきます!

画像クリックで拡大