地域貢献活動

伝え合い活動

食育サポーター

2017年6月6日 子どもの食事 朝食を大切に!を開催
6月2日(金)、ぱる★てらすで、「子どもの食事 朝食を大切に!」を開催しました。パルシステム埼玉の食育サポーター・花泉ゆみさん、岡崎真紀子さんを講師に、栄養学の観点から考えられた朝食レシピを調理しました。


「今日、朝食を食べていない方はいますか?」
管理栄養士の資格も持つ花泉さんのこの問いかけで講座がスタート。

「メタボリックシンドローム該当者は朝食を抜くなど食生活が乱れている人が多く、小さいころからの食事が少なからず影響しています。小さいうちから朝食を抜かず、炭水化物・タンパク質・野菜・乳製品などをバランスよく食べ、肥満にならないようにすることが大切です。」と説明がありました。


ドライフルーツやナッツを使うことで簡単に栄養バランスが整った食事になります

説明の後、忙しい朝でもできる朝食を岡崎さんが実演しました。

<今回のレシピ>
ピザトースト
キャロットラペ
干しエビの洋風スープ
ナッツとドライフルーツ入りヨーグルト

<レシピのポイント>
1、包丁を使わない
2、子ども(小学3年生くらい)でも自分で作れる



キャロットラペとチーズをのせてトーストしてもおいしいですよ

参加者もグループに分かれ調理開始。みなさん毎日料理されているだけあって手際良く作業が進み、あっという間にピザトーストが焼ける香ばしいにおいが部屋中に広がりました。輪切りのウィンナーを使うことで切る手間を省いたり、トーストしている間にお湯を注ぐだけのスープを作ったり、どのレシピもひと工夫で簡単に作ることができました。




「ピザトーストのレタスがシャキシャキでおいしい」「簡単なのにボリューム満点!」と、大好評。熱々をおいしくいただきました。