地域貢献活動

伝え合い活動

ライフプラン・アドバイザー(LPA)

2017年7月31日 夏休み「親子でお小遣いゲーム」を開催
 7月20日(木)、パルシステム埼玉はLPA(ライフプラン・アドバイザー)を講師に、夏休み「親子でお小遣いゲーム」を開催しました。
 13名の参加者を3つのチームに分けゲーム開始。今回は楽しみながらお金について学ぶことができるスゴロク型おこづかいゲーム「ニーズ&ウォンツ」を行いました。

 サイコロを振って出た目の数だけ駒を進め、ボードの指示に従いカードを引きます。 カードは、ニーズカード、ウォンツカード、チャンスカードの3種類。

ニーズ:文房具や日用品など必要なもの(生活必需品)
ウォンツ:おもちゃやお菓子など、必ずしも必要でないもの(嗜好品・ぜいたく品)
チャンス:おばあちゃんからのおこづかい、お財布をひろうなど楽しいイベント
※チャンスカードはサイコロの目が「1」のときに引くことができる



2000円のおこづかいの中で、ニーズカードのものは必ず買い、ウォンツカードのものは子どもたち自身が買うか買わないか判断しながらゲームを進めます。それぞれ買ったものと残金をおこづかい帳に記入し、金銭感覚を身につけていきます。銀行に金利10%で貯金することもでき、子どもたちはなぜ銀行にお金を預けるのかも学びます。 チャンスカードの支持によりお財布を落として無一文になってしまう子、堅実にお金を貯金して増やしていく子、欲しいものはどんどん買っていく子とお金の使い方は様々でしたが、手元にあるお金と向き合い、和気あいあいと取り組めました。




「みんながもらう大事なお金の計画的な使い方は学べましたか?夏休みのおこづかいを使うときにぜひ意識してみてくださいね。」とLPAのお話で講座は締めくくられました。

<参加者の感想>
・色々お金のことを知ることができて良かった
・楽しくできた
・おこづかい帳をつけてみたいと思った