地域貢献活動

伝え合い活動

子育てサポーター

2018年1月19日 「藤田浩子さんのおはなし会」を開催
  1月15日(月)、大宮ソニックシティで、「おはなしおばさん」として講演会などで全国を飛び回る藤田浩子さんをお迎えして子育て講座を開催しました。


 
 「子どもって何でも喜ぶんですよ」。まるで手品のように次から次へと飛び出す手作りの小道具を使いながら、子どもとのふれあい方を伝える藤田さんのおはなしに会場全体が引き込まれ笑いに包まれます。


帽子に折った新聞紙は消防帽→船→救命胴衣に変身

童心に返り、一緒になって一枚の新聞紙からいろいろな形を作り出したり、身体を使った遊びをしたり。参加したみなさんが声をあげて笑い、楽しむ様子が印象的でした。


新聞紙を丸めて棒状にしたものを折って
曲げて、ハサミを入れてするすると伸ばすと…

段梯子のできあがり!


藤田さんの講座は受講者参加型

手軽にできるふれあい遊びを紹介していただきました

 藤田さんの手作りの小道具や絵本は参加者の興味を引き、講座後は手に取って使い方を質問する姿が見られました。保育に携わっている方や子育てサポーターの今後の活動にも役立ちそうなおはなしや遊びがたくさんありそうです。
 

手づくり小道具の数々

会場の声より
 ・本では伝わらない人から人へのぬくもり、コミュニケーションの力のすばらしさを実感しました。
 ・たいへん引き込まれるお話でした。大人もわくわくするような遊びの内容、先生の世界観があふれていて、とても楽しい時間を過ごしました。
 ・自宅に戻ってから、そして職場でも実践したいと思いました。

 藤田浩子さん プロフィール
 1937年に生まれる。西小岩幼稚園など幼児教育に携わって50年余り。短大・専門学校の幼児教育化教師。全国各地の幼稚園・保育園・図書館・保健所・公民館等で、若いお母さんたちにわらべうたやあそびを伝えたり、子育て講座を行なっている。
 
 ※この講座は、CO・OP共済《たすけあい》の剰余を、福祉活動や健康維持活動などを助成というかたちでサポートする、パルシステム共済連の「たすけあい活動助成金」を使用して開催されました。