地域貢献活動

助け合い活動

キッズヘルパー

2017年10月19日 「小児応急処置学習会と交流会」を開催
 9月26日(火)、ぱる★てらすにて、キッズヘルパー制度運営会議主催の小児応急処置学習会と交流会を開催しました。
 さいたま市立病院の小児救急看護認定看護師の方を講師に迎え、子どものケガ、急病に対する応急処置と事故予防について教えていただきました。



窒息事故、誤飲、誤嚥、転落事故など小さい子どもに起きやすい事故、鼻血、けいれん、アナフィラキシーの対応、託児中に起こりやすい怪我については特に詳しく教えていただきました。
「ぱる★てらすの床は滑りやすそうなので子どもは裸足か滑り止めのついた靴下をはかせるのが良い」など、事故を予防するための具体的な方法も、写真付きで分かりやすく、たくさん教えていただきました。 小さな子どもを持つお母さんにはもちろん、預かるキッズヘルパーにも子どもが安全に過ごせるように役立つ知識が身に付きました。
 その後の交流会では、日ごろの活動で思っていることなど活発に意見が飛び交い、時間があっという間に過ぎました。