地区会・エリア委員会 南部エリア

蕨地区会

2018年7月9日 「ノクシカタ刺しゅう作り」を開催
 7月4日(水)、蕨市中央公民館で、「ノクシカタ刺しゅう作り」体験を行いました。
 パルシステム埼玉平和募金団体先でもある、特定非営利活動法人「シャプラニールー=市民による海外協力の会」の方をお招きし、支援活動を行なっている、バングラデシュとネパールの現状やフェアトレードについて教えていただきました。




 その後、バングラデシュの伝統刺しゅうである「ノクシカタ」刺しゅうを教わり、コースターを作りました。
 ノクシカタの刺しゅうを通し、バングラデシュの現地の様子や歴史、文化的な背景などを知ることができ、有意義なひと時でした。


お花のモチーフ組刺しゅう
細かい作業にみなさん真剣な表情で針をすすめます


お花の刺しゅう


魚の刺しゅう
こちらは講師の方の作品

魚のモチーフ組刺しゅう
「ノクシカタ」刺しゅうは400年以上前から
母から娘へ受け継がれてきた刺しゅう技術だそうです

参加者の方の作品
お手持ちの糸も使って、素敵にアレンジ♪


象は富の象徴、魚は子孫繁栄、
鳥は幸運の出会いというように
それぞれのモチーフには意味があります

繊細な手仕事、素朴で温かい
刺しゅうは女性たちの生活を支える
重要な仕事になっています

【次回開催】  8月3日(金) ぱる★てらす
      夏休み親子企画「保護猫活動学習会」小さな命のためにできることを考えよう!