地区会・エリア委員会 南部エリア

浦和区地区会

2018年7月4日 「放射線の影響と健康被害の現状を知ろう」を開催
  6月30日(土)、ぱる★てらすで、放射能学習会を開催しました。
東京電力・福島第一原発事故から7年。埼玉で暮らす私たちにできることを考えてみようと企画しました。 福島県と関東各地で子ども達の甲状腺検診をされている牛山元美先生と、避難の協同センター事務局長の瀬戸大作氏に原発事故の放射線の影響と健康被害の現状について聞くことができ、とても勉強になりました。質問も活発に飛び交い、それにお二人がていねいに答えていただき、とても充実した講演会となりました。


 

牛山元美先生プロフィール
さがみ生協病院内科部長。島根大学臨床教授。パルシステム神奈川ゆめコープの「子どもの甲状腺エコー検診」にも設立段階からご協力いただいています。

  ※この企画はCO・OP共済《たすけあい》の剰余を、よりよい地域社会の構築に向け、福祉活動や健康維持活動を助成という形でサポートする、パルシステム共  済連の「たすけあい活動助成金」を使用して開催しました。