地区会・エリア委員会 西部エリア

南部エリア委員会

2018年7月5日 「メロンすいか祭り」に参加しました
 6月30日(土)、パルシステムの産直産地八千代産直(茨城県)でメロンすいか祭りが開催され、パルシステム埼玉からは51名が参加しました。このバス企画は越谷地区会と南部エリア委員会との共催で行われました。


 一行を乗せたバスはメロンとすいかの待つ八千代産直へ出発。当日は晴天に恵まれ、気温30℃を超える中、笑顔で待っていてくれた生産者のみなさん、私たち一人ひとりを歓迎してくれました。
 今年は天候に恵まれて、メロンは大きくすいかは甘く育ったようです。「ひとつひとつの実が重い!」子どもたちが自分の頭くらい大きいすいかやメロンを、大事そうに大事そうに収穫している姿は微笑ましかったです。


 一生懸命収穫した後はお昼ごはんをいただきました。焼きそば、じゃがいも、とうもろこし、枝豆、メロン、すいかにかき氷!猛暑の中、準備してくださった生産者の方々、婦人会のみなさんには頭が下がります。
 「焼きそばのキャベツ、シャキシャキ」「とうもろこし甘いね」「じゃがいもゲンコツくらいあるよ~」「えだ豆の味濃いね」「やっぱりメロンとすいか!おいしいね」みんなの笑顔があふれます。こんなにお腹いっぱいになったのは初めてというくらいたくさんおかわりをしました。



 今回ご家族で参加してくださった方も多く、みんなで一生懸命収穫し、遊び、食べ、そして学んだ1日だったと思います。「八千代のメロンおいしかったな」「トマト食べてみたい」「白菜買ってみようかな」、カタログを見る時、少しでも今日の体験や心に感じた温かみを思い出していただければうれしいです。
 貴重な経験を与えてくださった八千代産直のみなさん、休日出勤をしていただいたパルシステムのスタッフのみなさん、お手伝いをしてくださった組合員のみなさん、本当にありがとうございました。