地区会・エリア委員会 東部エリア

東部エリア委員会

2018年3月16日聞いてみよう!電気のはなしを開催
3月7日(水)白岡センターで(株)パルシステム電力より、鈴木松夫さんを講師に招いて、『聞いてみよう!電気のはなし』の学習会を開催しました。


パルシステムのエネルギー政策「減らす」「止める」「切り替える」。この3つのテーマを柱に、原発に依存しないエネルギー政策を進めるため、パルシステムでんきが誕生しました。今回はこのパルシステムでんきの特徴だけでなく、東日本大震災から7年がたった今、安心して次の世代に残せる物を考えるきっかけとなる学習会となっています。

はじめに、福島第一原発事故により失われたものと現状について、鈴木さんが現地を訪れた際のお話を交えながら伺いました。
震災後、原子力発電に頼らないエネルギーの模索が始まり、組合員に供給できるようになったパルシステムでんきのFIT電気(再生可能エネルギー)の取り組みについて説明されました。

また、鈴木さんからパルシステムでんきの料金プランや切り替え(申込方法)など、検針票のサンプルを使用するなど参加者にわかりやすく伝えました。

「切り替えはとても簡単です!」

電力会社を選ぶことで何が変わるのか―。
「電力会社を選ぶことは発電所、発電産地を選ぶことにつながります。地球環境にやさしいエネルギーに切り替えることで、火力発電や原子力発電を抑えることもできます」と鈴木さん。
最後の質疑応答では、参加者から多くの質問があり、不安な点やわからない点など、疑問を解消できる学習会となりました。

学習会後は、パルシステム埼玉の独自商品について、試食と説明を行いました。
パルシステム埼玉の職員より、独自商品の誕生した経緯や特徴について話し、商品への理解を深めてもらいました。

~試食商品~
『おとうふ揚げ』(高橋徳治商店)
『お好み焼き風揚げかま』(高橋徳治商店)
『趙さんの味 熟成キムチ』
『趙さんの味 チャンジャ』



●パルシステムでんきについてはこちらから!(※パルシステムでんきの公式ホームページに飛びます)●